ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

証券口座の特徴を解説!【各証券会社の特徴まとめ】


スポンサーリンク

こんにちは。ロッキーです。

 

投資をする前にはまず証券口座を作らなければなりません。

証券会社はSBI証券や楽天証券、マネックス証券などがあります。

さて、数ある証券会社の中でどれを選ぶのが最もよい選択なんでしょうか。

 

言ってしまえば「人によります」。。ただそれだと話が終わってしまうので、私と同じ米国株投資を考えている場合を想定してみましょう。

 

まず証券会社は一つだけしか作れないわけではありません。現に私は前述したSBI、楽天、マネックスすべてで口座を開設しました。現在のメインはSBI証券です。

米国株取引のできる証券口座の選択肢は、この3つのどれかでよいかと思います。

それぞれの特徴をざっと見てみましょう。

 

各証券会社の特徴

SBI証券の特徴

「外貨買付手数料が最安値」

これは大きいと思います。米国株を買うためにはドルを買付けるかと思いますが、できるだけ円高の時に買付したいですよね。しかし実はこの取引を重ねるごとに重くなってくるのがこの手数料。SBI証券なら住信SBI銀行を経由することで1米ドル4銭の手数料でドルが買付けできちゃいます。

また、口座開設数もダントツの1位という安心感、バロンズ拾い読みなどのサービスがあります。

「バロンズ拾い読み」とは?
ダウ・ジョーンズ社が発行する、米国で最も著名な週間金融専門誌の1つに「BARRON'S(バロンズ)」があります。 「バロンズ拾い読み」は、この中から日本の投資家向けに記事を抜粋し、日本語訳したレポートです。

SBI証券の外国株式口座があれば無料で閲覧できます。

正直このバロンズ拾い読みで銘柄選択をしようと思うくらい、説得力があります。

 

楽天証券の特徴

「投信積立で楽天カード決済が可能」

楽天グループのサービス、楽天カードを頻繁に利用するに楽天証券はおすすめです。

投資信託の積立注文で楽天カードクレジット決済を利用すると、積立額1%分の楽天ポイントが付与されます。私は楽天カードを利用する人なので、楽天証券でつみたてNISAを開設しました。つみたてNISA×楽天全米インデックスファンド×楽天カード決済。。。強いですね。付与されたポイントは再投資しちゃいましょう。

NISAや楽天全米インデックスファンドについては別の記事で取り上げる予定です。

注意点は積立可能額は月5万円まで(年間60万円)と買付日が決まって翌月1日といったところでしょうか。

さらに日本経済新聞の電子版が「日経テレコン」として無料で読めるのが大きいです。

それだけで口座を開設する価値ありだと思います。

 

マネックス証券の特徴

「最多銘柄取扱数」

買いたい銘柄がマネックス証券でしか買えない、と言った場合はマネックス証券で取引しないといけません。このダントツの銘柄取扱数がマネックス証券の最大の強みです。

私は今のところSBI証券でほしい銘柄が購入できるのでマネックス証券は利用しておりませんが、上述の理由で利用する可能性があるので、口座を開設しています。

 

以上、各証券会社の特徴でした。