ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【バビロンの大富豪】は投資を学ぶのに最適 富を得るための不変の原則とは


スポンサーリンク

こんにちは。ロッキーです。

 

みなさんはバビロンの大富豪と言う本をご存じでしょうか。

このバビロンの大富豪はロッキーが最初に読んだお金本でした。

ロッキーは今もこの本の教えを愚直に守っています。

 

バビロンの大富豪はジョージ・S・クレイソンという出版社の社長が1926年にバビロンを舞台にした一連の寓話シリーズがパンフレットの形で発行し、やがて銀行や保険会社、一般企業の経営者たちを中心に評判が広がり、膨大な読者を生むことになった本です。

とても古い本であるにも関わらず、現在も語り継がれる訳は富を得るための本質、原理は不変であるからです。

 

バビロンの大富豪の教えとは

富を得る原則その①

「稼いだものは、すべてその一部を自分のものとしてとっておくこと」

 稼いだ金額がいかに少なかろうと十分の一より減らしてはなりません。

これを成し遂げるためには強い意志が必要になります。まずは稼いだ金額の十分の一から初めて徐々に貯める割合を増やしていきましょう。

 

富を得る原則その②

「自分の欲求と必要経費とを混同しないこと」

私たちが必要経費だと思っているものは、自分で気をつけない限り、必ず収入と等しくなってしまいます。

人間の欲求は無限にありますから、私たちがお金を使うときはそれが価値のあるものでなければなりません。

 

富を得る原則その③

「貯めた貯金は寝かさずに増やすこと」

私たちの財産は銀行や財布にある現金ではなく、しっかりとした定期収入です。

定期的に流れてくるお金こそが財産であり、このお金を最後の一銭にいたるまで働かせることが重要です。

 

富を得る原則その④

「損失をしないで元本を死守すること」

落とし穴の可能性があるところに投資する際には、自分自身の判断にあまり自惚れないようにすること。

お金を運用して利益を得る知識と経験を積み重ね、詳しい人に相談してみることで損失を回避しましょう。

 

富を得る原則その⑤

「持ち家に住むこと」

家賃は毎月の支出の大きい部分を占めます。

しかし持ち家に住み毎月返済をすればやがてローンはなくなります。

大きな固定費がなくなることで毎月の収入が増えることになります。

 

 富を得る原則その⑥

「将来に備えて今から資金を確保すること」

将来に備えて相応の所得を用意しておくことで、もしもの時も余裕をもつことができます。

年老いた時に自分と家族を守れるようにしましょう。

 

 富を得る原則その⑦

「目標に向かって努力すること」

目標がなければ、行動できません。

強く、明確な目標を持つことによって、自分の能力が開発されたり、仕事の技量があがったり、賢くなることができます。

 

以上がバビロンの大富豪の教えとなります。

金融を学ぶための基礎がわかりやすく書いてあり、まさに投資を学ぶのに最適だと思います。