ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

今の株価って安いの?高いの?PERって何?


スポンサーリンク

こんにちは。ロッキーです。

 

今回は株式投資初心者の方向けです。

何の話をするかと言うと、PERの解説になります。

株式投資をする上で基本中の基本ですから、必ず覚えましょう。

 

PERとはPrice Earnings Ratioの略投資において重要かつ基本的な指数です。P/Eと呼ばれることもあります。

日本語では株価収益率と言われています。

PER(株価収益率)は株価を1株あたり当期純利益で割った倍率のことです。

ちなみに、時価総額を当期純利益の額で割った倍率と同じにもなります。

 

PERで何ができるのか

PERがわかると、市場価格を相対的に比較することができます。

X社のPERがY社のPERより高いと、利益に対してX社は株価が割高になります。もしくは、X社は人気がY社より高いと解釈することができます。

他社との比較だけではなく過去のPERと比較することで、過去よりも株価が割高か割安か、平均はどの程度なのかがわかります。

PERは証券会社や投資系のサイト、googleで企業の銘柄を検索すれば既に算出されていることがほとんどですので実際に自分で計算することはあまりありません。

 

PERは低ければ低いほどよいのか

基本的に株価は合理的な値がついていることが多いです。

なので株価が低いということは、その企業には株価が低い何らかの理由があるということになります。PERが低くても企業の業績が悪いと株価は割安とはいえません。

また、資産の一時的な売却や株価の乱高下などによってPERがおかしな数値になってしまうこともあります。

つまりPERが低いか高いかだけを見て株の売買の判断してはいけないということです。

PERは株を売買するための判断材料の一つでしかありませんのでご注意ください。

 

PERからわかる企業のリスクと成長とは

PERは計算式を置き換えることで、株価が割高か割安か、といったこと以外にも企業のリスクや成長の可能性を見ることができます。

具体的な数式は省かせていただきますが、PERが高いということは株主資本コストが低いということになります。株主資本コストとは株主がリスクに応じて企業に要求する成果の水準のことを言います。

つまりPERが高いということは、リスクが小さいとみることもできます。

あるいは、PERが高いということは、成長の可能性が高いとみることも可能です。

最後に、リスクが高く、成長が低い場合には、配当を多く支払うことでPERが高くなることもあります。

 

できるだけわかりやすく書いたつもりですが、いかがだったでしょうか。

PERで割高か割安か判断できるときがあるということは覚えておいてください。