ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

大不況で生き長らえない


スポンサーリンク

こんにちは。知らず知らずのうちにストレスがかかっていたロッキーです。

 

この記事のタイトルは何かのメタファーではなく、文字通りの意味です。

ロッキーは偏食で決まった物しか食べれません。

しかも、決まった場所(自宅、お店)じゃないと同じ料理でも食べるのがしんどいです。

大不況で生き長らえない理由はこれです。  

 

小さい頃から好きな物しか食べませんでした。

嫌いな物を食べるように促されたり、強要されたりすることもありませんでした。

これまで、嫌いな食べ物は平気で残すようなやつだったのです。

そんなロッキーが仕事の都合でいろいろな料理を(無理矢理)食べました。水やお茶で流し込みました。咀嚼中は呼吸しないで味を感じないようにしました。

その結果、食べ物のにおいやひとのにおい、香水のにおいなどとにかくにおいを嗅ぐだけで吐き気を催すようになりました。 

 

これはストレスが関係しているそうです。

自分ではストレスと感じていなくても、実はストレスがかかっていたらしいです。

あとは、寝不足ですかね。ホテルは暇だからすぐ寝ると思ったら逆に、ちょっと夜ふかし気味になっています。

しかし、これはアカンです。人間として貧弱です。

もし食糧危機に陥ったら、即座に死ぬでしょう。ロッキー大ピンチです。

 

でもね、海外のご飯は食べられるのですよ。

自分で注文した料理だし、旅行中は精神がハイになっているからでしょうか?

しかも、台湾のご飯はめちゃくちゃ美味しかった記憶があります。食べれないどころか、味わいまくってるわけです。

人間不思議ですね。

精神の影響は大きいようです。

そういうことに詳しい方はぜひ、ロッキーの偏食を治す方法を教えていただけませんかっ!