ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【日記】2020/6/14(日)

2020 6/14

今日は早めに起きた。6時55分。昨日遅く寝たのに早く起きられたのは「明日は早く起きるぞ」と昨日思いながら寝たからだ。これはどうやら効果のある早起き方法らしくて、確かに機能した。ではなぜ早起きが必要かというと、午前中に配達物が来る前に、(昨日2K20の影響で風呂に入れなかったので)風呂に入り、買い物まで済ませたかったのである。だからまず起きてすぐ風呂に入った。朝からたっぷりの湯船につかるのは最高で、1時間弱は風呂に費やした。さっぱりした後、「多様な意見はなぜ正しいのか」byスコット・ペイジを読んだ。PARTⅢ「多様な価値」の第9章「多様な好み」だ。

 

まず、好みの違いは重要だ。好みの違いは、その人の観点や解釈に影響を及ぼし、ツールボックスの違いにつながる。好みによって個性という色が出るといってもいい。

しかし、時に好みの違いは問題を生む。ある基本的な好みがあって、それが結果への好みだとしたら、そこで対立してしまうからだ。子供を私立に入れたい母親と公立に入れたい父親みたいなイメージだろうか。なぜ私立なのか、なぜ公立なのかで言い争うことだろう。そこには子供の将来という結果に対する好みの違いがあるのかもしれない。一方で、両親ともに私立(又は公立)で意見が一致していた場合、あとはお互いにどうやって入れるかを考えるだけでいい。そこでは多様な好みは力を発揮する。要は、(好みの)目的が異なると対立し、手段が異なるときのみ、多様性は効果がある。それだけ。

第9章はだいたいこんな内容。著者曰く、人間の基本的好み(結果)の好みの多くは一致しており、手段的好みが一致しない場合が多いとのこと。あとは、好みは必ずしも合理的ではないが、合理的なことが多いらしい。そこに関しては疑問しかないが、そう仮定しないと計算パターンが膨大になり、コンピュータでも計算できなくなる。

 

第9章はだいたい50分ぐらい読んで、買い物に出かけた。今日はたまごと牛乳を買う予定。きちんとたまごと牛乳だけ買って帰ってこれた。帰宅したら、ヨーグルトを作るための準備をし、ヨーグルトメーカーにセットした。ついでにゆで卵も作った。ブログへ日記を転載し、10:40ぐらいから「自発的隷従論」byエティエンヌ・ド・ラ・ボエシを読み始めた。しかし、途中で配達が来て、途切れてしまったので、読むのをやめた。30分ぐらいしか読んでないし、話が脱線気味だったりしてあまり進まなかった。

圧制の真の理由は武力ではないという話で、むしろ圧制者の方が武力に敗れたりする。圧制者とその従者たちの悪徳が、すべての根源だと言っていた。圧制者と従者たちとのつながりがすべてなのだ。従者の裏切りが、圧制者を葬るのはこのためである。

 

午後になったら競馬が始まった。今日も最初は投票なしで観戦していたが、どうも的中しないときもある。少し不安ながらも、確率的に外さないだろうと思ったら一発目で外した。そこでしばらく、様子見をした。オッズを見て次は行けそうだと思い、投票、的中。続くレースも投票したが外した。つまり、3回投票して2回外したのである。なんと!!仮投票も含めると4回外している。こういう日もあるんだなと思いつつ、実は少し飽きた。負けたのもあるし、少しずつ、興奮に慣れてしまった。お金を入れても興奮しないとなると、もう吸われるだけだ。

それでも午後はあっという間にすぎ、遅くなってきた。夜食はピザ、納豆キムチ、サラダ、ヨーグルト、バナナだ。きちんとナッツとパンは食べていない。自制だ!

 

今日も夜食後はNBA2K20をやらせてもらった。実は少し操作方法を学んでおいた。少しはうまくなれた気もするが、まだまだ勝てない。明日は月曜日なので、早めに終わった。それでも21時は回っている。漫画と麻雀はやらないで、歯を磨いて寝た。

競馬、続けるべきか否か。トータル-1700円ぐらいの損であるが、意外と飽きが早かった。