ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【日記】2020/6/22(月)

2020 6/22

今日はなぜか早く起きた。7時。起きてから少しした後、「[新訳]ローマ帝国衰亡史」byエドワード・ギボンを読んだ。4章はそのタイトルにして相応しい落ちぶれ様をまざまざと見せてくれる。1度悪い皇帝に権力が渡ると、組織の芯から腐り始める。やがてまともな人はいなくなって、いたとしても殺害されてしまい、内部での争いが一層激化していく。そんな内部のありようだと、軍の士気も下がり、外部からの侵入を抑えらなくなっていく。防御力が著しく低下していったのだ。これまでは、ハンニバルだって迎撃できたローマの軍事力の面影はもはやない。初めてローマ皇帝が捕虜にされたりするなど、危機的状況になってようやく、団結して何とか維持するのがやっとのレベル。悪徳に次ぐ悪徳で、完全に悪循環なのだが、たまに現れる正義やヒーローの存在がなかったらローマはここで滅びただろう。おそらく、正義や徳のある者は常にいるのだろうが、必要とされない状況のため、見つけ出されにくいのだろう。

正直、この頃のローマ帝国はよく知らないから、初めて見るローマ帝国の姿に、少しショックを受けた。今のアメリカ合衆国とローマ帝国は比較されがちだが、実情は全然異なる。アメリが滅ぶことはないかもしれないが、No.1で居続けることはできないかもしれない。それは誰にもわからない。ただ、ローマ帝国が教えてくれる失敗例は知っておいて損はないだろう。

 

読書後は日記を書き、ブログに転載した。最近は、ブログを翌日にかいてばかりで、あまり思い出せなかったりするので、これは改めないといけない。昨日の日記は長くなったので、ここで2時間を費やし、12時になった。疲れて横になったらいつの間にか寝てしまい、14:10頃起きた。関係ないが、外国ではA.M.とP.M.が主流らしく、14時とか22時なんて言わないで、2P.M.とか10P.M.とか言うらしい。私はそれを知らなかったので、外国人と時間の話をしたときに不思議に思われたのである。

 

さて、起床後は「friends」のシャドーイングを3話行った。久しぶりにやったのもあって、あまり聞き取れなかった。やはり、毎日やらないとダメだと思った。その後は聞き返しを行い、夜食の準備を始めた。今日は鮭とえのき、カボチャ、ナス、ピーマンの炒め物、納豆キムチ、バナナ、サラダ、ナッツ、ヨーグルトを食べた。こう書くといっぱい食べたような気がしてくるが、おそらくそうでもない。前回の反省もあって鮭はきちんと味付けをした。食後は友人と雑談した。今日は外国人ではなく日本人で、フリーランスで頑張っている人だ。私は働く気がないので、いつもPC片手で作業している姿に感心する。よくいる口だけの手は進まない人や、やってみたいで止まっていないのはなかなか珍しい気がする。ただお金の使い方が派手なので、よほど稼がないとずっと赤字だろう。まぁあんまり人のことを言えないし言うべきでもないし、なんなら私もいつも赤字だ。

株でトントンまで持っていけたらいいのだが、私の場合は一気にどかんと儲けるから、そう都合よくはいかない。冬の相場で半年分の金は最低限でも稼いだと考えると、ある意味黒字か?まぁなんでもいいとして、モンテーニュみたいに、その日を満足に暮らせればそれが一番幸せなのだ。お金に固執して、一切使わないのもお金の奴隷だし、散財して仕事の奴隷ににあるのも私は好まない。まず、不要な支出(新築、新車、保険)を排除するだけで、お金周りは格段によくなる。まぁこれらもうまく買えばそこまでダメージはないか、むしろ得するときもあるのだが。