ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【書評】20代・自己資金300万円。サラリーマン大家さん成功の法則


スポンサーリンク

こんにちは。20代前半・自己資金300万ちょっとのロッキーです。

 

健美家コラムを読んでいたら、ふんどし王子さんが20代・自己資金300万円。サラリーマン大家さん成功の法則という本が参考になったとおっしゃっていました。

 

こうなったら迷わず"買い"です。ところが困ったことに中古本しかありません。中古でも新品同様の値段がすることから、ちょっと迷いましたが(いや、迷ってるやん)買いました。

 

比較的いい状態と記載されていたショップから購入しましたが、なんと状態は(個人的には)あまりよくありませんでした。何よりもページをめくるごとにペプシの香りがすることが一番きつかったです。

これでもうペプシ嫌いになりました。あ、これは本書とはなんも関係ない話でしたね。。

20代・自己資金300万円。サラリーマン大家さん成功の法則

20代・自己資金300万円。サラリーマン大家さん成功の法則

 

 

目次

1章 不動産投資こそ誰でもできる「お金のなる木」

2章 20代で新築マンションオーナーになる方法

3章 20代で中古マンションオーナーになる方法

4章 ネットで探す束田式「激安物件」の見つけ方

5章 入居決定!利回りの高いリフォームのコツ

 

感想・内容など

著者はロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んで不動産投資をしようと思ったそうです。いろいろな不動産投資家の本を読んでみると、結構な確率でこの本を読んでいる気がします。

ロッキーはあえてこの本を読んでいないのですが、「資産家は不動産投資をする」的なことがおそらく書いてあるのですよね。だからロッキーは「不動産投資家はみんな、金持ち父さん 貧乏父さん読んでる説」を提唱したいです。

 

完全に話が逸れましたが、やはり最初はなぜ不動産投資なのかが書かれています。基本的には借金ができることが一番のメリットです。それに資産が0になることはほぼないです。

本書によると、ITの知識も必要ないとかその他もろもろも不動産投資のメリットとして書かれていました。

 

投資の考え方については、参考になることが結構書かれていました。

例えば、判断材料の一つとして、表面利回り12%を目安にします。これは購入価格から0を二つとった家賃で貸せるかどうかを考えれば良いことになります。

物件を1000万円で買い、月10万円で貸せれば 120万円/1000万円*100=12%になりますよね。

 

本書はロッキーの様な素人にも読みやすく、参考になる部分もあるため、間違いなく読んで損はありません。