ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

大人も子供も大して変わらない


スポンサーリンク

こんにちは。ロッキーです。

 

ロッキーは隣の芝生が青く見えるときがしょっちゅうあります。「あの人楽しそうなことやってるなー」とか、子供のころは「大人になったら楽しくて幸せそうだなー」という思いがありました。

少しの負けず嫌いと効率性(簡単に幸せになる方法)を求めてしまうことから、こんな風に他人と自分をよく比べがちです。

 

しかし、他人と自分を比べることに意味はなく、楽しそうな他人は自分がつくった想像であり、幸せそうな大人も同様です。他人がやっていた楽しそうなことを、自分がやったとしても、楽しくなかったりします。

なぜならそれは自分がやりたいことではないからです。

 

昔は幸せそうに見えた「大人」になってみたけど、全然幸せではありません。大人になれば周りの大人みたいに幸せになれると思っていたのに。

そして大人になって感じることは、子供も大人も大して変わらないということです。

 

大人になったからと言って、何かが大きく変わるわけではありません。もちろん身体は大きくなるけれど、内面はそれに比例しない。子どものころに夢中になっていたことの大半は、おそらく大人になっても夢中になれることかもしれません。

ゲームなんてもうできないと思うかもしれませんが、今はそれが車や夜の遊びに変わっただけ。やることは変わったけど、考えは変わらない。会話の内容は変わったけど、本質は変わらない。大人は全然賢くない。

 

子供のころから幸せな人は大人になっても幸せなんだと思います。逆もまた然り。

ロッキーのようにずっと他人と比べていては、永遠に幸福感はありません。幸せになりたければ、内側からでてくる声に従わなければ。

 

あれ、何が言いたいんだっけ・・忘れました笑。