ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

その継続は本当に意味がありますか?


スポンサーリンク

こんにちは。三日坊主のロッキーです。

 

継続は重要とよく言われますが、継続しても無意味なことがあります。その無意味な継続を続けると、時間と労力の無駄になってしまいます。

正しい継続と正しくない継続の違いとは、いったいなんなんでしょう。

 

正しい継続

正しい継続とは、自分の才能が生かせる世界で頑張ることです。

正しくない継続とは、自分の才能が生かせない世界で頑張ることです。必然的にそうなりますね。 

営業の仕事が向いていないのに、営業でトップになるぞ!と意気込んでも無駄です。技術職が向いてないのに、手に職付けるぞ!なんて思っても無駄です。才能がないんですから、さっさと辞めるべきです。

才能がある世界は、自分が好きな世界ではないのかもしれません。しかし、合理的に考えるなら、才能がある世界で頑張る必要があります。

 

例えば、林修先生は昔から作家になりたいと思っていたそうです。残念ながら、作家の才能をご自身であまりないと思い、塾講師として好きではない仕事をして働いているのです。なぜなら、人に教えることが得意で、努力しなくてもほかの人より上手に教えられてしまうからです。

ちなみにブログはあまり才能が必要とされない世界です。有益な情報やコンテンツを惜しげもなく毎日発信することができれば、必然的に人気ブログになると思います。

「ロッキーの資産運用」は有益な情報やコンテンツを発信できておらず、読者の悩みや問題を解決していないため、継続しても人気ブログになる見込みは薄いです。自分で言うのもあれですけど笑。なんていうか、自己満ブログみたいになっていますね。

 

才能の見つけ方

才能とか言われてしまうと、自分には何の才能もないと思う人がいるかもしれません。というか、そういう人が圧倒的に多いですし、それが普通です。早くから自分の才能が生かせる世界を見つけることができた人は幸運です。

しかし、誰しも何かしらの才能は必ずあると、ロッキーは思っています。その何かしらの才能を見つける方法とは何か。それは「他の人が努力しないとできないこと」なのに「自分は難なくこなせてしまう」ことを見つけることです。だからいろいろなことをやってみるしかないんですね。

いろいろやってみて、明らかに手ごたえを感じる何かが必ずあるはずです。

そうして才能がある世界を見つけることができたら、そこで数年頑張ってみるのです。才能があったとしても、頑張らないって選択肢はないと思った方がいいです。