ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【書評】満室経営で“資産10億円"を目指す田中式“エターナル投資術


スポンサーリンク

こんにちは。土日が有意義に過ごせないロッキーです。 

 

セミリタイアした不動産投資家がおすすめしていたので、満室経営で“資産10億円"を目指す田中式“エターナル投資術"という本を買いました。

 とりあえずおすすめだから買いましたが、どのような内容の本なのかはさっぱりわかっていません。

 

最近の記事で、「不動産の本はいったん読むのをやめて」とかなんとか言っておきながら、実はまだ読んでない不動産の本が数冊あります笑

満室経営で“資産10億円

満室経営で“資産10億円"を目指す田中式“エターナル投資術"

 

 

目次

第1章 サラリーマンが不動産投資をすべき10の理由

第2章 はじめに行ったのは地元密着型投資

第3章 全国投資でさらに規模を拡大する!

第4章 田中式「エターナル投資術」“物件選び~購入編”

第5章 田中式「エターナル投資術」“チーム作り編”

第6章 田中式「エターナル投資術」“満室への7つの秘訣編”

第7章 サラリーマン卒業、長く続ける「投資家」を目指すべき指針

 

感想・内容など

 田中式"エターナル投資術"とは、「積算評価の出る物件、土地値に近い物件を織り交ぜた上で、収益性のある物件を買い続けること。その物件を絶えず満室で運営していくこと。」だそうです。

これは、著者が10年を超える不動産投資の中で導き出したものです。

 

そしてこの投資術はエターナルであると著者は言います。

※エターナルとは「永遠の・永久の・不朽の・不滅の」という意味です。

 

エターナルな理由は、積算評価が出る物件や土地値に近い物件は融資がつきやすく、債務超過にならないからだと思います。

「不動産投資の成功の鍵は融資にある」というわけで、銀行からの評価を重視しています。

 

でも銀行から評価される物件は利回りが低かったり築浅だったりでキャッシュフローが残りづらいです。そこに土地値に近い物件を仕入れることができれば、資産超過になりまた融資が引けます。これぞ"エターナル"!ドヤァ笑

 

※フリマアプリで本が売れてから急いで読んで書評を書いたため、著者の意向をはき違えている可能性があります笑無責任な話ですが、あまり鵜呑みにしないで、気になったらご自身で読んでることを推奨いたします。

購入特典として、セミナーの音声などのついていますので、それだけでも人によっては価値があるかもしれませんね。

 

 

 </p