ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

投資計画を再考察する


スポンサーリンク

こんにちは。ちょうどブログ100日目のロッキーです。

 

最近は米国株式市場が急落しています。あえて暴落とは言いません。まだまだ下げられるっしょと思っています。とはいえ、電車で人身事故が増えてる気がするので、やばいのかもしれませんね。

ロッキーが思ったよりもはやく大きく落ちたので、【PG】プロクター&ギャンブルしか売却できず、予定していた【SO】サザンカンパニーと【T】AT&Tが売却できませんでした。もともと、高配当株よりもキャピタルゲインが大きそうな個別株をポートフォリオに組み込んで、より大きなリターンを狙う予定でした。しかし、高配当株も含めて米国株式市場全体が急落したため、わざわざ配当が平均かそれ以下の個別株を買付ける理由(魅力)が少なくなってきました。

ということで、これからこの相場にどう対応していくかを少し考えてみました。

 

株価がこれからもさらに下がるなら

今日も明日も年明けも大幅に続落するようなら、【SO】と【T】の売却を完全にやめて、むしろ買い増しを検討します。これらの銘柄に限らず、【KHC】クラフト・ハインツや【BTI】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、【PM】フィリップ・モリス、【WBK】ウエストパック銀行などの、すでにポートフォリオに組み込まれている高配当個別株全般。

理由は先ほどお話しした通り、高配当個別株の株価が本質的価値より大幅に下回るかもしれないからです。要は、安全マージンが十分に取れるなら高配当株でいいじゃんってことです。

 

株価が持ち直すなら

 

スポンサーリンク  

 

こっちの可能性は低いかもしれませんが、ロッキーに未来はわからないので、こっちのパターンも考えてみます。

こうなった場合には、予定通り【SO】、【T】を売却します。もしかしたら【KO】コカ・コーラと【VZ】ベライゾン・コミュニケーションズ(全部ではない)も売却するかもしれません。そうしてかき集めたキャッシュを、違う個別株に投入します。

買付け予定の個別株はまだ完全に決まってはいませんが、まぁまぁ決まりつつあります。3連休にいろいろ精査できればよかったんですが、ひたすら読書してたらいつの間にか3連休終わってました笑。

 

とりあえずは、まだしばらく、何もせず、様子見かなと思っています。結局、急落したときのために完璧に備えることができてないし、今の状況でどうするのかも決まっていないしで、投資家として未熟すぎて恥ずかしいです。自称バリュー投資家ならやるべきことは一つなんですけどね。