ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

勤め人×未婚で趣味を楽しむことは幸せなのか


スポンサーリンク

こんにちは。シアワセを探し求めるロッキーです。

 

この記事の人物はロッキーのお知り合いをモデルにしています。(だからそのお知り合いの人たちを思い浮かべながら書いています。)

40代後半で独身の方はもう、ほぼほぼそのまま独身で生涯を終えるかと思われます。

自分で結婚しない道をあえて選ぶ人もいれば、(言い方悪いですが)売れ残った人もいるでしょう。

会社に勤めていて独身の人、いわゆる普通の独身の人は子供もいないし多分マイホームもないはずです。(離婚歴はなしとしたとき)

そうすると、結構お金が余ることになり、自分の好きなように使える状態です。

うるさい妻(夫)にがみがみ言われることもなく、元気なこどものためにお金を費やすこともありませんからね。

そしてそのお金は趣味などに費やされます。果たしてその人生は幸せなのでしょうか。

 

スポンサーリンク  

 

 生き方は人それぞれあるけれど

独身男性は車やバイクが好きで、高い車を2台以上持ちとかやってます。頻繁に風俗店に通っていますし、食事もお高いものばかり。

本当に好き放題、自分が思うがままに使っていますね。それに高級時計を何個も所有しています。

 

これだけみると、すごく楽しそうな人生を送っているように見えます。実際に楽しいのかは本人の心の声を聞かないとわかりませんが、ロッキーが見た感じだと、どこか寂しそうです。

ロッキーに結婚願望があって独身の生涯を考えられないからかもしれませんが、毎日家に帰って誰もいない生活を何十年も続けていると、どこかおかしくなるのではないかと思ってしまいます。

結局のところ、人それぞれの価値観次第になるのでしょう。

価値観って便利な言葉ですよね。なんでも価値観って言えば片付けられますからね。

 

仮に勤め人ではなくて(お金がたくさんあって)、未婚の場合はどうなんでしょうか。

趣味や豪遊に使えるお金がいくらあっても、妻や夫、子供がいないとやはり寂しい人生になってしまう気がしてしまいますね。

本当にお金(成功)を追い求めていれば、若いときに恋人を作ることも、子供を作ることも、友達と遊ぶことも排除しなければなりません。その結果がお金になります。

 

果たして、どの人生が幸福を最大化させるのでしょうか。

お金も大量にほしいし、やりたいことがたくさんあるし、結婚して子供もほしい人の場合はどうなるのでしょうか。

多分、どれかは捨てるしかないような気がしますね。トレードオフです。