ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

シーゲル教授の本を一冊も読んでいない


スポンサーリンク

こんにちは。流行りものが嫌いなロッキーです。

 

実はロッキー、ジェレミー・シーゲル教授の著書を1冊も読んだことがありません。

それなのに、高配当個別株に投資しています。

なぜなら、米国株に投資している沢山のブロガーさんが再三採り上げているからです。読まなくても内容が大体分かった気がするのです。

そして、その内容(根拠)に納得してしまったのです。

納得してしまったということは、言い返せないわけです。

いや!この投資方が最適だ!と彼ら(彼女?ら)に言い返せません。

高配当個別株投資が優れていると(今のところ)認めています。

(シーゲル流を支持している)相手に言い返せるまでは、未熟な投資家として、高配当個別株に投資をしようと思っています。 

実際、もしセミリタイアした後に配当金で生活する必要性が出てきた場合、高配当個別株には投資しなければなりませんし。 

また、個人的に(勝手に)尊敬している米国株投資家さんがシーゲル流ということも影響しています。

とくに許可を取っていないので名前はだせませんが、毎日ブログを拝見させていただいていますし、はぁーすごいわーと唸らさせられています。 

 

スポンサーリンク  

 

投資スタイルを考える

そんなロッキーでも、高配当個別株に投資する上で必ず忘れていないことがあります。

投資の神様ウォーレン・バフェット氏の恩師である、ベンジャミン・グレアム氏が提唱した「安全域(margin of safety)」です。安全余裕度ともいいます。

これだけは、絶対に守らなければいけないと決めています。

ロッキーはバフェット関連の本を好んで読んでいる、バフェット大好き人間です。

そんな理由で、【GM】や【LUV】といったバリュー株に投資しています。

高配当個別株とバリュー株に投資しているクソダサい投資家は私です。ぶれぶれです。

ロッキーの個人的考えでは、バリュー株こそが本当の投資だと思っているのです。

最近はバリュー投資家が減っており、なかなか難しい相場となっています。

だからこそ、バリュー株が現れたら絶対に拾いたいわけです。

割合として高配当80%ぐらい、バリュー株20%ぐらいで考えています。

でもバリュー株なんてやってる場合じゃないのかもしれません。悩みます悩みます。

今の難しい相場的にも、今後のキャッシュの使い方をよく考える必要があると感じています。ディフェンシブと言われている株も下がっていますからね。

 

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

株式投資の未来?永続する会社が本当の利益をもたらす

 
株式投資 第4版

株式投資 第4版

  • 作者: ジェレミー・シーゲル,藤野隆太,林康史,石川由美子,鍋井里依,宮川修子
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2009/07/23
  • メディア: 単行本
  • クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る