ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

投資はさっさと始めるべき


スポンサーリンク

こんにちは。臆病者のロッキーです。

 

忙しい方は最初の赤字だけを読んでいただければ、この記事の内容を理解できます。

 

投資をしようか悩んでいる方の中には、「いつ始めればよいのか」が分からず、なかなか投資に踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

結論からまいりますと、「今すぐ始めた方がいいです。」となります。

そのかわり、投資資金を一気に全部投下してはいけませんよ。

ロッキーが言いたいことは「少額でいいから」今すぐ始めた方がいいよ。っていうことです。

 

スポンサーリンク  

 

投資を始めた方がいい理由

米国市場に投資するのであれば、今までの歴史を見る限り、長期保有をすれば儲かります。(これからもそうなる保証なんてありませんが)

つまり、暴落を待ってから投資を始めようとしても、なかなか暴落しないうえに株価だけが上昇していき、結局いつまでたっても投資を始められなくなってしまいます。

リーマンショック級の暴落が来てから投資をしようなんて思っていたら、老人になってしまうかもしれませんよ。

実際ロッキーは暴落を待ってから投資をしようと思っていました。

2017年は「株価が高すぎて買えない」とか「今は強気相場で必ず暴落する」と思いながら眺めていました。結局、2017年は投資をしませんでした。(アプリで投資のシミュレーションゲームはやっていましたが)

そして2018年2月の急落を見て、「よし、このまま下がり続けてくれ」と思ったのもつかの間、またすぐ上昇してしまいました。

やはり、タイミングを見計らって投資することは難しいです。

自分が買付けたい銘柄を少額でもいいので保有してしまうことが一番です。(株価が高すぎるのは注意ですが)

少額で投資を始めて、キャッシュポジションを高くして、暴落に備えることをお勧めいたします。

大暴落した時に初めて投資をするとなると、経験がないので暴落の恐怖に耐えることができないかもしれません。自分で思っていたよりも、恐ろしかったりするのです。

だから投資の経験値を増やすという意味でも、いますぐ始めた方がよいです。

少額であれば、損失を出したとしても然程痛くはないはずです。

勉強代だと思って、そこは割り切ってしまいましょう。

ただし、その損失からしっかりと原因を学ぶ必要があります。

社会人風にいうと「再発防止策を練る」必要があります。

少額だからといって、安易な投資をしろっていう意味ではありませんので、ご注意いただきたいです。

 

ちなみにロッキーは実際に資金を投下するまでに、2年くらいかかりました。

投資の本を読んで勉強している時間が長かったです。

もちろん、本からもたくさん学びがありますが、実際に投資を始めた方が、投資に対する熱意が増えると思います。

学びが増えると思います。

本の内容がより理解できると思います。

 

※投資は自己責任でお願いいたします。