ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

投資より起業の方が簡単な気がする


スポンサーリンク

こんにちは。ビジネスモデル模索中のロッキーです。

 

株式投資をするためには、投資する会社のビジネスモデルを理解しなければなりません。長期で投資するならなおさらです。まぁ、割安だから適正価格に戻るまでの間の、短期投資であれば、そこまでビジネスモデルの理解は必要ないと思いますが。

やっとビジネスモデルを理解した気になっても、会計上の数字で見たときにわけ分からんことが多いです。そうすると、やはりビジネスモデルを「真」に理解するのは難しいと感じてしまいます。

そりゃそうかなとも思いますけどね。だってビジネスを自分で作ったわけでもないし、ビジネスモデルの1から10までのすべてを経験したわけでもないわけですからね。

 

 起業>投資の理由

一方、起業するという事は、自分でビジネスモデルを構築するということになります。どこから仕入れてくるのかとか、どうやって販売するのかとか、どうやって利益を上げるのかとか、どんな参入障壁を作ることができるのかとか、どの顧客をターゲットにするかとか、いろいろ自分で考えて作るから完璧に理解できるんですよね。

いやいや、こっちの方が難しいだろと感じるかもしれませんが、そんな大企業のみたいな規模の話ではないので、小さく考えればそんな難しくないと思っています。少なくともビジネスモデルを理解するよりは簡単なはず……

 

スポンサーリンク  

 

そうやって自分でビジネスモデルを作った経験があれば、似たようなビジネスモデルの会社は理解できると思いますし、いろいろ応用できると思っています。起業って言い方が事を大きくさせているかもしれませんね。ちょっとした副業でも考え方は一緒だと思います。

何が言いたいかっていうと、株式投資して資産運用するよりも、自分でビジネスモデルを構築してビジネスを展開したほうが、お金の面でも経験の面でもお得なんじゃないかと思っています。 

別に株式投資を否定するわけではありません。手軽に思える投資の方が実は難しいんじゃないかと言ってるだけです。あと投資は元本が多ければ多いほど、配当金などが増えるので、その点で弱小個人投資家は不利です。

 

長期投資するなら

だから投資するにしても、せめて比較的わかりやすいビジネスをしている会社を選ぶべきだと思っています。例えば【KO】コカ・コーラとか【PG】プロクター&ギャンブルです。わかりやすいし、安定しているし、やっぱりいい銘柄だと思いますね。

ハイテク業界なんかは、7年くらいあれば新しい風(イノベーション)が吹いてくるような気がします。要はスピードが速すぎて、勃興も衰亡もあっという間なイメージです。