ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

最短で英語を身につける方法


スポンサーリンク

こんにちは。寝不足なのに夜更かししちゃうロッキーです。

 

誰しもみんな、「英語できるようになりたいなぁ」なんておもいがあるのではないでしょうか?そういった、「英語を修得したい」日本人って結構いると思うんですよ。

でも「英語を修得」って、どのレベルのことを言っているのですかね?ネイティブとそん色ないレベルの話であれば、夢を見過ぎている気がします。

日本に生まれて日本で育った日本人のあなたは、ネイティブじゃないんだから、そのレベルを求める必要はないと思いますよ。

だから「英語を修得」のレベルをもっと下げた方がいいです。

 

英語を最短で身に付ける方法

英語を修得したいあなたは、「何のために英語が必要なのか」考えてみましょう。

例えばロッキーなら「旅で必要だから」英語を習得したいと思っています。その「旅で必要な英語」っていったい、どのような英語なのでしょうか。

それは「英会話」です。ロッキーが身に付けたい英語は「会話」になります。

 

他の人の例でも、考え方は同じです。

仕事で英文をたくさん読む必要があるなら、「リーディング」の英語が必要になりますよね。自分に必要な英語が分かったら、その英語「だけ」を修得できるように学習を進めるべきです。だから経済に関するものを読みたいなら、経済に関する単語を覚える。そして文法を覚える。英語は配置が重要ですから、文法は必須だと思います。

 

スポンサーリンク  

 

ロッキーのような「英会話(日常会話)」が必要な人なら、英会話のフレーズをたくさん覚える必要があります。というか、最悪の場合、英会話のフレーズだけ覚えてしまっても、英会話はできてしまいます。

英会話はそこまで高度な語彙力は必要ありませんので、英単語をたくさん覚える必要はありません。日本語だって同じだと思います。誰かと日常会話をしているときに、難しい言葉をわざわざ使わないですよね?

なので、英単語学習に労力と時間を使ってしまったら、最短で身に付きません。英会話に重要なのは、シチュエーションごとに使えるフレーズを覚えること、相手の話を聞き取れるリスニング力を身に付けることです。

相手の話を聞き取るためのリスニングなんて難しいと感じるかもしれませんが、そこまで構える必要はないと思います。例えば、あなたがホテルのチェックインをしたい時に、チェックインをするためのフレーズを言ったとします。そしたら相手はなんと答えるでしょうか。だいたいイメージ付きますよね?ホテルの部屋の説明だったり、お金を払ってくださいだったり、身分証明書を見せてくださいだったり、そんな返答が返ってきますよね。

大事なのは、相手の話を聞くときにそういうイメージを持つことです。イメージを持ちながら相手の話を聞いていれば、すべて完璧に聞き取れなかったとしても、聞き取れた数少ない単語からなにを言ったのかわかりますよね。

 

これが最短で英語を身に付ける方法です。 完璧を求めてしまうから、いつまでたっても上達しないんです。

自分が必要な英語を明確にして、最低限のことを身に付ければ、それは「修得」なんです。

え?発音が下手だから話せない?英語はいろいろな国の人が話している言葉ですよ。発音なんてそれぞれの国で違うんですから、そんなこと気にする必要ありませんよ!