ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【BTI】買付け!ミスターマーケットに囁かれました...


スポンサーリンク

こんにちは。ミントが嫌いなロッキーです。

 

2018/11/14に【BTI】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ ADRを約16万円分買付けました。

f:id:Rocky4:20181117165358p:plain

購入してからすでに9%近く下落しています。明らかに落ちるナイフですね。

正直悩みました。悩んだ時点で買付けは控えるべきだったかもしれません。

若干ギャンブル的なので、この判断が後々パフォーマンスに悪影響を与え、激しく後悔する可能性がありそうです。。。

 

 【BTI】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ ADRの買付け理由

FDAが米国内でメンソールの販売を禁止する提案をしました。

 【BTI】は米国内でメンソールを販売しており、収益の25%を占めています。

これが【BTI】のファンダメンタルズに悪影響を与えると市場は判断しました。

まぁそうでしょうね。【BTI】のファンダメンタルズは悪くなりました。

でもロッキーは楽観的です。

【BTI】の声明にもあった通り、【BTI】はメンソールの販売禁止に反対しています。

これからメンソールの販売禁止を遅らせるために、戦う可能性が高いです。

仮に戦いに負けて、メンソールが販売禁止になったとしても、メンソールの喫煙者が全員タバコを断つことはありえません。

【MO】アルトリア・グループのタバコに移る人もいれば、【BTI】のタバコに移る人もいます。禁煙はそれほど難しいのです。

よって【BTI】の収益の25%が完全に失われるわけではありません。

ファンダメンタルズの悪化よりも、株価急落の方が大きいという認識です。

 

もちろんリスクがある

こうして減配リスクが浮上したものの、【BTI】は毎年着実に売り上げと配当を伸ばしており、稼ぐ力が失われることはないと思っています。

ただこれは、やはり楽観的と言わざるを得ません。

悲観的に見積もったら、もっと株価が下がっていいと確信しています。

しかし、この株価急落は【BTI】の不祥事によるものではありません。

ロッキーは、基本的に会社の不祥事による株価急落には手を出しません。

その不祥事は氷山の一角かもしれませんし、嘘をついたりズルをする会社は信用できません。社員が驕っていたり誠実でない会社の株にはあまり手を出したくありません。

たとえそのビジネスが魅力的に見えたとしても、永続できない会社かもしれません。

長期投資家として永続できない会社はリスク以外の何物でもありません。

会社の凋落の原因は内部から発生する可能性もあるのです。

 

買い増しを考える

ロッキーとしては、28ドル以下ぐらいになったら買い増しを検討します。

今回の発表を受けて【BTI】を買う人もいるし、売る人もいる、迷う人もいる。

そんな、みんなが恐れているときに買いたいのです。