ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【書評】1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべて


スポンサーリンク

こんにちは。ロッキーです。

 

実際にやるかやらないかはともかく、いろいろな不動産投資の手法を知っておいた方が良いということで、1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべてという本を読みました。

1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべて

1年目から成功する不動産投資 村田式ロケット戦略のすべて

 

  

目次

第1章 破綻寸前から、年間家賃収入1億円に!

第2章 「地方」にチャンスがある理由

第3章 融資を得られる、「RC(鉄筋コンクリート)造」物件の選び方

第4章 「融資」はフルローンを狙え!

 

感想・内容など

タイトルにある”村田式”において重要な点は下記の5つです。

・地方

・RC

・住居系

・中古

・一棟物

 

そしてなぜこれらが不動産投資において重要なのかを本書で解説されています。

 

基本的に地方はリスクだと思われがちですが、重要なのは人口ではなく世帯数です。仮に人口を重視したとしても、一部の大都市では人口が減っていますし、逆に増えている地方もあります。

 

一方の世帯数は今のところ増加傾向にあります(2025年ごろから減少傾向にありますが)。世帯が増えて賃貸物件が増えなければ、需要が高くなり高利回りが期待できます。

 

しかし、そんな地方でも空室率が20%を超える場合は注意が必要となってきます。こちらで空室率がわかりますが、ぱっと見半数以上の都道府県が空室率20%以上です。福井は30%超えてます。やばいですね笑。

 

RCを選ぶ理由は、RCが一番キャッシュを得られるからです。その分物件の価格も高く、本書では1億からと記載れています。

木造が良いですぜ!みたいな本ばかり読んでいたロッキーにとってこれは衝撃です。同じ条件で比較した場合は、確かにRCが一番キャッシュが多いです。

 

本書は億単位の融資(しかもフルローン)を受けてRCの物件に投資することが一番いいと書かれていますが、今の時代だとこれは厳しいのではないかと思っています。

特に不動産を持っていない上に、属性の低いロッキーみたいなやつにとっては厳しいです。

 

そういう意味では一番最初の不動産投資としては、実行することが難しい面があると思っています。もちろん億単位の融資を(もしもの場合で)受ける恐怖心、木造信仰があることは否めません。

 

 タイトルの「1年目から成功する」についてどう思うかは人それぞれですが。