ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

終身雇用なんて必要ない


スポンサーリンク

こんにちは。ピラミッドの頂点には程遠いロッキーです。

 

ロッキーはテレビもネットニュースもあまり見ないのでどうしてそうなったのかわかりませんが、最近終身雇用制度が崩壊するという話が盛り上がってる(?)みたいですね。

というのも、やたらロッキーのTwitterのTLにその話が出てきており、トヨタの社長が「終身雇用は無理」と言ったとかなんとか。あともう一人国の偉い人。

 

終身雇用なんて必要ない

もともとロッキーは終身雇用なんて必要ないと考えていましたので、これはとてもうれしく思います。というかよくここまで制度がもったなーと思います。

終身雇用制度があると、新卒が有利でなかなか辞職・転職ができません。

気軽に辞職・再就職ができるようになったら、過労死や自殺なんてものは減っていくのではないでしょうか。

 

と、いいたいところですが、終身雇用ではなくなるということは、会社側も簡単に社員をクビにできるようになると思います。気軽に採用して、無能だったら即クビ。有能だったらやりがいや高い給料などを与えて、なるべくやめられないように努力するでしょう。

 

そうして、ロクでもない会社には(他では雇ってもらえないような)無能社員がわいて、素晴らしい会社には有能社員が集まることになるはずです。

ロクでもない会社は無能しかいないので、やがてつぶれることもあるでしょう。

でも大丈夫、無能社員はまた別のロクでもない会社で職を得ることができますから。有能社員はより素晴らしい会社に引き抜かれて、ちょうどよくバランスするんじゃないですかね。

 

これからは、無能社員と有能社員の格差がこれまで以上に広がっていくでしょうね。会社にぶら下がっているような社員たちは厳しい時代かと。

サボリーマンに関しては「クビにならないように全力になる」か「クビになってもすぐ就職できるからサボる」のどちらも考えられますね。

 

・・・あれ?もしかして終身雇用の方がいいと思いました??

 

心配しなくても、解決策はあると思いますよ。

会社以外の収入(ビジネス)を持てばよいのです。「個」のスキルを活かせばよいのです。それがないなら今から準備すればよいのです。

もし無能社員側だったとしても、転職を繰り返しているうちに天職に出会えるかもしれませんからね。あきらめてはいけません。自分の勝てる場所を見つける努力をしましょう。

 

会社の仕事が副業、自分のビジネスが本業になるぐらいの勢いが良いと思います。