ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【悲報】仕事しているときしかブログネタが思いつかない


スポンサーリンク

こんにちは。スタローン大好きロッキーです。

 

これまでいろいろな記事を書いて、思ったことがありまして。。

それは、タイトルの通り、ロッキーのブログの記事は、家以外の場所で思いつくことが多いということです。いやぁー、びっくりしましたね。まず思いつきで記事を書いているのが、ちょっと問題ですよね。自分でいうのもあれですけど、1つの記事に対する労力が少ないというか。。

投資のブログであるならば、もっとグラフとか、なんかのシミュレーション結果とか、マクロの解説(それ以外でも)とか、そういったことを書くべきなのかもしれませんね。

要は、1記事書くのに結構時間と手間がかかるような内容ですね。言い方を変えると、質のいい記事ということになります。

 

質より量なのか、量より質なのか

ブログを運営していると必然的に、「質か量、どちらが重要か」みたいな話になってくると思います。もちろん、質がいい記事が大量にあればそれが最強なんですけれどね。

でもそんなレベルを目指そうとすると、どれだけ頑張って、どれだけ頭良くないといけないんだって話になります。特に投資なんかを扱っているブログなら、なおさらですね。

そんなわけで、逃げる理由を自分自身に与えているようであれなんですが、ロッキーは質より量を「今は」重視しています。

投資の世界で生き残ることが大事なように、ブログの世界でもまずは生き残ることが重要かと思っています。質を上げるのはその先じゃ!って考えなんですが、じゃあいつから質が上げるべきかって疑問が必然的にわいてきます。

結局これって、自分で質を上げようと思わない限り上がっていかないですよね、たぶん。だから、ロッキーは頑張っていこうと思いました。昨日の記事より「ほんの少しだけ」質のいい記事を書き続けようと。記事の質がいいか悪いかって、判断するのは読者様なんですけど、まずは自分で判断していきます。

「ここは前より良かったなー」とか「ここはもうちょっとクオリティあげられたよなー」とか、そんな感じのことを一人でやっていこうかなってところです。

 

スポンサーリンク  

 

銘柄分析って必要?

ちなみにネタに困ったときって、銘柄分析しとけば、ネタが切れることってあんまりないと思うんですよね。でも素人の銘柄分析なんて読みたい人がいるのでしょうか。という疑問があります。

確かに米国株って英語だし情報少ないから多少は需要あるんでしょうけど、どうなんでしょう。割と最近は銘柄分析の記事はありふれてますし、その中でも質のいい記事もあれば質のあまりよくない記事もありますからね。

ロッキーが銘柄分析の記事を書いたとしても、質が悪すぎて読み物にならないきがしますね。今のところ、自分のためにこっそりやって記事にはしない(できない)方針です。

 

しかし皮肉でしたねぇ、仕事したくないからブログ書いてるのに、仕事してないとブログがかけなくなるなんて。。。

以上、本日のよくわからない記事でした。