ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【書評】フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠


スポンサーリンク

こんにちは。好きなお菓子はプリッツのロッキーです。

 

 食品業界について詳細に知りたいと思い、フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠という本を読みました。まぁ【KHC】クラフト・ハインツが大暴落してダメージを負った今となっては、あまり関心もないんですが。。

 

著者は食肉汚染の調査報道でピューリッツァー賞を受賞したことのあるマイケル モス氏です。 ニューヨーク・タイムズの記者です。

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

 

 

目次

第Ⅰ部 糖分

第II部 脂肪分

第III部 塩分

 

内容・感想など

食品会社は「おいしいものを届ける」ために、日々商品を研究し、販売しています。研究は、人々の「幸福ポイント」を科学的に追求し、どうすれば本能的においしいと思ってもらえるのかといったレベルに及びます。

 

しかし、そのような「おいしくて」「やめられない」ような商品は肥満を誘発し、健康を阻害してしまいます。主にアメリカでは肥満の割合は高く、さらに上昇傾向にあるため、その効果は顕著にあらわれています。

 

食品業界はそのことを承知ですが、「商品に含まれている栄養は表示している」「健康にいい商品も販売している」などの理由で成分の改良を積極的に行おうとはしません。

それもそのはず、加工食品から「糖分」「脂肪分」「塩分」を取ってしまったら、とても食べられるようなものではなくなってしまうからです。

 

逆に言うと先の3つの成分をふんだんに使用するだけで、「やめられない」「とまらない」状態に陥ってしまうのです。人々はタバコの有害性や中毒性にはわめきますが、加工食品の中毒性が有害性には何も言いません。

 

いつになるかはわかりませんが、これらの加工食品もいずれは健康食品に打ち負かされるのではないかと思っています。政府やFDAが多少なりとも危機感を感じており、でかい規制を敷く可能性だってあると思っています。砂糖税とかももしかしたら。まぁ食品業界のロビー活動次第かなと。

 

ちなみに、食品会社が「この商品は健康です」ってうたっている場合、ご自身でも本当に健康かどうかを調べてみるとよいかもしれません。食品業界はうまいことマーケティングしているみたいですから。

 

実際は加工食品が好きな人も、それらが体に悪いことは承知なのでしょうね。それでもやめられないのは、そういう風に食品会社にコントロールされているからです。そういわれると、逆に安心してバクバク食べられるかもしれませんね。そしてその代償は数十年後に。

 

関連記事です。

 タバコは規制が厳しいですが、中毒性もかなりのものです。

www.4investors.work

 

 実は筋トレにハマれば食習慣が改善され、加工食品を食べないようになります。

www.4investors.work