ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【書評】不動産投資 1年目の教科書: これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え


スポンサーリンク

こんにちは。半年ぶりぐらいにお酒を飲んだロッキーです。

 

Q&A方式という部分に惹かれて、不動産投資 1年目の教科書: これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答えという本を買いました。

 

タイトルに教科書と書いてあるし、そういうことなんだろうなぁと思っていましたが。。 

不動産投資 1年目の教科書: これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え

不動産投資 1年目の教科書: これから始める人が必ず知りたい80の疑問と答え

 

 

目次

第1部 物件選定編(経済の中心東京を買うvs利回りの高い地方を選ぶ

第2部 融資活用編(安全な現金購入かvsレバレッジが効く借入か

第3部 収支計画編(収益計画はどのように立てるのですか?

第4部 リスク回避編(日本経済が破綻する可能性はありますか?

 

感想・内容など

結論から言いますと、東京に不動産投資を考えている方なら、読んだ方がいいです。そうでない方は、あまり読んでも意味がありません。

 

理由をご説明いたしますと、本書は東京の区分マンションに投資することを前提に話が進んでいきます。はい、この時点で地方に投資を考えているロッキーにはあまり参考になりませんでした。

 

本書は、東京でオリンピックの開催が決まったころ(2013年)に上梓されました。

よって、東京オリンピックによって不動産投資の未来がどうなるのかについて予想が書かれています。2019年の今となっては、そういった予想も過去の話です。

 

何が言いたいか。情報も結構古いので、今更本書を読むメリットはあまりないかもしれません。

正直に申し上げますと、ロッキーは本書を最後まで読んでいません。最後の方に有益な情報が書いてあるのかもしれませんが、投げてしまいました。

そういった意味では書評を書くべきではないのかもしれませんね。。 

 

そして関係ない話ですが、ちゃっかり今週も不動産週間にしています。先週や先々週は毎日書評でしたが、今週はたぶんそうはならないと思いますので、ご了承ください。