ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

成功者に共通する自己投資とは


スポンサーリンク

こんにちは。猫背なロッキーです。

 

みなさん自己投資をしていますか?自己投資といってもいろいろあると思います。

英会話スクールに通うとか、本業に関係ある資格を取得するとか、海外旅行に行くとかでしょうか。中には自分へのご褒美を自己投資と捉えている人もいますが、それは完全に違います。ただの自己満足ですのでご注意ください。

今回は世界的な成功者がおすすめする自己投資をご紹介します。

 

一番の自己投資は読書

ロッキーはもともと読書が嫌いでした。嫌いと言うよりも、集中して読み切ることができませんでした。途中で飽きてしまうんですね。今でもそういうときがあります。

しかし、できるだけ本を読み切ろうと思っています。どれだけ退屈でも。

そんな読書嫌いだったロッキーがなぜ本を読むようになったかというと、世界的な成功者がおすすめしていたからです。

誰がおすすめしていたかというと、億万長者のビル・ゲイツ氏と投資の神様ウォーレン・バフェット氏です。

この二方はとてつもない読書家で知られています。

ロッキーは金銭的な成功を望んでおり、本当に読書するだけでいいのかと疑問に思わなかったわけではありません。

しかし、今では本当に読書をしてよかったと思っています。

 

有意義な読書をしよう

読書をすると専門的な知識を効率的に学ぶことができます。

何を読むかは各々自由ですが、ロッキーがあまりおすすめできない本はあります。

「たった〇〇円から〇年で〇〇〇〇円になった投資法」とか「絶対成功する〇〇」みたいなタイトルの本です。

あとは、自己啓発の本もおすすめできません。読んだ瞬間はやる気がみなぎると思いますが、すぐにその気持ちは消えてしまい、いつも通りの自分に戻ってしまいます。そんな方々が大半です。つまり、いろいろな自己啓発本を大量に読み漁っても何も変わりません。

それなりに高くて、分厚くて、難しそうなタイトルの本は、とっつきにくいですが、質のいい本であることが多いです。

最初は本にそんなお金使いたくないと思うかもしれませんので、前述したような本を避けながら自分が興味を持った本を読みましょう。

誰かがおすすめしていた本なんかも質のいい本だと思います。

 

実際に本を読み始めたら、それを習慣にすることが重要です。

毎日少しでもいいので必ず読書をしましょう。できれば、最低一時間は読書をしましょう。一時間も読書の時間を確保できないほど忙しい人間はそうそういないはずです。

そんな時間ないよーって方は、ついついテレビやYoutubeを見ていたり、何かしらの無駄な時間を過ごしているはずです。その時間を削れば一時間なんて簡単に捻出できます。

読書の習慣を続けると知識が複利のように働いてきます。断片的な知識の塊が結びついてくるのです。その知識がやがて強力な武器になります。

 

いきなり猛烈に読書し始めて気が狂ったのかと思われるかもしれませんが、それでよいのです!!