ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

副業をしたい方必見 副業のススメその2


スポンサーリンク

こんにちは。腰が痛いロッキーです。

 

この記事は。前回(副業のススメその1)の続きとなります。前回は主にアイデアの見つけ方についてご紹介しました。

 

今回は浮かんだアイデアのうち、どのアイデアが一番優れているのか、どのアイデアを実行すればよいのか、アイデアの魅せ方などについてご紹介します。

 

アイデアを吟味する

とあるカクテル好きの男性が、自分でカクテルを作って販売するというアイデアを思いつきました。

しかし、それを実現するためには様々な手続きを踏む必要があり、初期費用も莫大な額になってしまいそうでした。

 

カクテル好きの男性は(諦めきれず)考え方を変えて、カクテルを作るツールを販売するというアイデアを思いつきました。これなら労力も初期費用も少なくすむので、実現できる可能性が高くなりました。

あなたもカクテル好きの男性のように、浮かんだアイデアをより簡単により安く始められないかと、アイデアを吟味してみましょう。

 

そのためには、いくつかのリサーチが必要になります。次の項目について、独自のよさや難題を考えましょう。

始動するためには何が必要か、いくらかかるのか

始動するために立ちはだかるハードルは何があるか

利益を得るまでの過程には、どんな苦労があるか

過去に同じことを試みた人はいないか

すべてが上手く行ったときのシナリオはどうなるか

逆に上手く行かなかったときのシナリオはどうなるか

 

アイデアをランク付けする

アイデアの吟味が終わったらランク付けをしてみます。

前回、よいアイデアの3つの特徴を説明しました。

➀実行が可能、➁利益が見込める、➂説得力がある、でしたね。

ランク付けするためには、さらに➃効率性、➄動機づけの2つを加えてみましょう。この5つにたいして、「高」「中」「低」をつけてみるのです。

そうすることで、ベストな候補を見つけやすくなります。

これでも一つに絞れなかったら、それは次のアイデアとしてとっておきましょう。

 

ところでそのアイデアで想定される顧客(対象顧客)はどんな人でしょうか。自分の想像で顧客を作り出してみましょう。複数人である必要はなく、むしろ一人に絞りましょう。

その顧客を徹底的に具現化して、どうすればその顧客を助けることができるのか、よく理解しましょう。顧客のことを掘り下げて、正確な情報を得ることができれば、アイデアもより具現化されていきます。

 

セールスポイント

顧客に対して自分のアイデアを売り込むために、宣伝文句を考えましょう。重要なのは他との差別化です。

セールスポイントを示すときには、相手が必要とする関連情報をすべて確実に伝えることがベストです。

 

完璧なセールスポイントには次の要素が含まれています。

顧客の生活がどのように変化するのか

今すぐ購入(入会)するメリット、必要性はなにか

購入(入会)するための値段はいくらか

 

これらを正確に作り込めるかどうか、浮かんだアイデアに対して試してみましょう。コツは一人に向けて書くことです。そして数字を使ってすばやく伝えるのです。

 

最後に、アイデアにはストーリーを作りましょう。

バックストーリーがあれば、人々が関心を持ってくれる可能性が高まります。事実をありのままに語るのは退屈なのでやめましょう。

どうしてこのビジネスを始めるにいたったかを顧客は意外と気にしていますし、関心を持っています。

 

ストーリーにはあなた自身の情報を盛り込むことで、個性が出てきます。

例えば、動物好きの女性がペットと離れ離れになってしまいました。それでも動物と一緒にいたい気持ちが強く、一緒にいられる方法がないか考えていました。

これがきっかけで、犬用のエアビーアンドビーを始めました。みたいな感じです。(これは旅行などでペットを一時的に世話してほしい人のために、その女性が変わり世話をするというサービスの例です)

 

あなたもストーリーを作るために、次の文の空白を埋めてみましょう。

「私はずっと(空白)に関心を持っていた。そこで(空白)してみようと決意した。私は(空白)に不満を持っていて、もっといい方法があることを知った。私は同じ問題を抱えている人の役に立とうと(空白)私がこのビジネスを始めたのは、(空白)に気づいたからだ。それに関するビジネスを他には誰もやっていないようだったので、私は(空白)」

 

こうして潜在顧客からの応援を得られれば、潜在顧客は購買顧客となります。ストーリーをどんどん広げて、ライバルとの差をつけてみましょう。

 

副業のススメその2は以上になります。アイデアを一つに絞り、売りどころやライバルとの違いを明確にできたでしょうか?

次回は、副業をスタートするための準備の仕方をご紹介します。

 

関連記事です。

前回の副業のススメ1を読まれてない方は、1から読むことをおすすめします。

読んだとしても、前回の記事から約1か月ほど離れてしまい、忘れた方も多いかもしれませんね。 

www.4investors.work