ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【初心者向け】スノーボードのすすめ【準備・知識】


スポンサーリンク

こんにちは。日本時間の夏にニュージーランド行きたいロッキーです。

 

自称若者向けブログとして、スノーボードは若者におすすめしたい趣味の一つです。

「スノーボードやってみたいけど、いまいちよくわからない」って方に向けて、最低限必要な知識(情報)をまとめました。

一通りさらっと読めば、スノーボードを始めるための準備ができます。

 

スノーボードのすすめ

スポンサーリンク  

スノーボードで必要なもの

スノーボードをやったことない方は、スノーボードに必要な道具をあまり存じていないのではないでしょうか。

基本的にスノーボードに必要な道具は以下4つです。

①スノーボード板

②ブーツ

③スノーボードウェア

④小物類

もちろんお金とかも必要ですが、それはスノーボードに限らずなので省きます笑。

それでは順番に道具について軽い説明をしていきます。

 

①スノーボード板

スノーボード板とは その名の通り、板です。雪の上を滑るための板ですね。当たり前ですが、これがないとスノーボードになりませんので、必須です笑。

基本的にはスノーボード板はどのスキー場でもレンタルできますので、購入する必要がありません。しかし、レンタル板は年式が古かったり、自分の身体に合わなかったり、全然滑らなかったりする場合があります。

今までの経験からすると、レンタル板ははずれが多いという印象です。はずれが多いというよりも「最低限滑れればいいよね」といった方に向けての板だと思っています。

「スノーボードをガッツリやりたい!」って方は、レンタル板は最初の一回、2回だけ利用することをおすすめします。毎回スキー場に行くたびに違う板で滑ることによって、変な癖がついてしまったり、なかなか上達しないからです。

「とりあえず一回だけやってみてから続けるか決めたい」って方は、問答無用でレンタル板を利用しましょう。「結構面白いから定期的に続けたい」と思ったら、レンタル板卒業です。

 

②ブーツ

ブーツも板と一緒にレンタルできます。板は持ってるからブーツだけレンタルなんてこともできます。ですがブーツは板以上にこだわった方がよいと個人的には思っています。

スノーボードの道具をそろえるなら、板よりもブーツを先に買いましょう。ブーツが自分の足に合っていないと、板の操作も何もできませんから。

ブーツを購入する際には、必ず試し履きをしましょう。

 

③スノーボードウェア

若者が特に力を入れがちなのがこのスノーボードウェアです。ウェアもレンタルできますが、最初から買った方がコスパがいいです。

最近はかっこいい(かわいい)ウェアばっかりで、デザイン重視でウェアを購入する方が多い印象です。ウェアに関しては全然それで問題ないと思います。好みのデザインのウェアを着たいですし、その方がやる気がでたりしますからね。

ただ、ウェアは高くていいデザインなのに、板とブーツはレンタルでダサいと、ウェアのかっこよさが皮肉なほど際立ってしまいます。個人的にちょっと恥ずかしいです笑。

まぁ楽しみ方は人それぞれなのでそこはいいとして、完璧な初心者がいきなり高いウェアを買うことはあまりおすすめしません

なぜなら、めちゃめちゃ転ぶからです。ウェアがすり減るくらい転びます。そうするとちょっともったいないですよね。だから、最初はちょっと安いウェアでデザインが少し落ちても我慢してみてはいかがでしょうか。

 

④小物類

小物類と一つにまとめてしまいましたが、必要な小物は以下5つです。これらの小物もレンタルできることが多いです。(要確認です)

①ニット帽(キャップ、ヘルメットでも可)

頭を寒さと損傷の危険から守る意味でも、ニット帽は必要です。

②ゴーグル(サングラスでも可)

山の天候は変わりやすいので、雪が降ったときなどは必須です。晴天でも日差しが強いので、個人的には常にゴーグルは必須です。

③グローブ

グローブがないと手が終わります。

④靴下

靴下はレンタルできるのかちょっと微妙ですが、スノーボード用の靴下があります。

⑤服

ウェアの中に着る服や、スノーボード後に着替える服などは必要です。※レンタルできません。

 

スノーボードにかかる費用

スポンサーリンク  

スノーボードの大きな費用はリフト代、交通費、レンタル代、昼食代からかかります。

リフト代は一日券やナイター(夜)、シーズン券などがあります。昼食付で+1000円とかのスキー場もあります。

交通費は自動車で行くなら人数が多い方が割り勘でお得です。(レンタルカーも同様)

ツアーで行く場合はリフト代つきなどもあります。

大雑把に計算すると、ロッキーの場合スノーボードの費用は5千円くらいでしょうか。(自家用車5人でレンタル代なし)

基本的にはリフト代4000円、交通費3000円、レンタル代3000円、昼食1000円くらいで見積もっておいて合計1万2千円程度、多くても2万円くらいあれば足りると思います。

人によっては交通費が大きく異なるので、交通費に関してはご自身で計算してみる必要があります。高速代などがかかると、高くつく場合があります。

 

いかがだったでしょうか。スノーボードに必要な道具は分かったと思います。実際に行ってみると楽しさが分かる(ブロガー失格)ので、諭吉掴んで、いざ近くのスキー場に足を運んでみては!

ではでは。