ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【書評】お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!


スポンサーリンク

こんにちは。好きな言葉は経費、ロッキーです。

 

「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」の著者は、税理士の大河内 薫氏と漫画家の若林 杏樹氏です。

活字だけだとお堅い内容になってしまいますが、漫画なので楽しみながら理解できます。

だからといって情報量が少ないわけではないですし、非常にわかりやすいです。

この本はロッキーのTwitterのTL上に、突如おすすめとして現れました。

みんなしておすすめと言っていたので、フリーランスではないですが買ってみました。

読み終えた結果、、いや、、フリーランスの方、副業をやっている方、法人設立を考えている方、本当におすすめです笑

 

スポンサーリンク  

 

目次

第1章 何が違うの?フリーランスと会社員

第2章 誰も教えてくれない税金の話

第3章 リスクに備える!社会保険

第4章 ぶっちゃけどうなの?経費と領収書

第5章 いざ!確定申告

第6章 もっと知りたい!節税&お得なテクニック

第7章 実は得する?副業と確定申告

エピローグ

 

内容

・フリーランスは信用がなくなってしまうため、フリーランスになる前にクレジットカードを作っておくとよいです。また、準備に使ったお金は経費にできるため、領収書は取っておきましょう。

・フリーランスは自分で計算して納税する必要があり、納税額が多いと信用につながります。

・税金は所得税・住民税・事業税・消費税の4つを理解する必要があります。脱サラした翌年は会社員時代の住民税がかかるのでお金を持っておきましょう。

・自分が税務署に「それがなければ仕事にならない」と説明できれば、経費にできます。なんでもかんでも経費にするのは怪しいので、経費にならない領収書(レシート)があると説得力が増します。

・確定申告は青色申告一択にしましょう。会計ソフトを使えば簡単に作成できます。

・フリーランスがそのお客さんに消費税を要求することができ、その消費税を納めるのは売上が1千万を超えてからでOKです。さらに、納税するのは2年後となりますので、ぶっちゃけお得です。

・法人化するタイミングは、明確な利益のラインがあるわけではありません。

・フリーランスの属性によって、タイミングは人それぞれになりますが、法人化する目安としては年間利益600万円となります。その時は税理士に相談してみましょう。

・副業が会社にバレる原因は、住民税です。年間利益が20万円を超えたら、確定申告をしましょう。(利益は売上ー経費です)

 

他にもたくさんありますよ!ぜひ一読をおすすめします!