ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

若い時に投資をしておけ


スポンサーリンク

こんにちは。ロッキーです。

 

投資をしている日本人は少ないですが、投資をするなら早くした方がいいです。もちろん勉強は必要ですが、勉強だけしていつまでも相場を眺めていてはいけません。

 

ではなぜ投資を早く始めた方がいいのか?

今回はこの記事で書いたこととは少し違う理由で説明します。

www.4investors.work

 

若い時に投資をしておけ

今回の述べる投資とは、主に株式投資についてです。脳内で不動産投資に置き換えてもいいですが、ロッキーは株のことを思って書いています。

 

さて、投資をできるだけ早くした方がいい理由ですが、それは「資金を必ず溶かす」からです。

 

ん?

 

「資金を溶かすから投資した方がいい」ってどゆこと?

と思った方もいるかもしれませんが、要はできるだけ早く失敗しておけということです。

若い時の投資資金なんてたかが知れていますし、溶かしてもいいお金です。なぜなら豊富な労働力で再び資金を回復させることができるし、自分が投資の適性があるかないかを早いうちに知ることができるからです。

 

これが高齢になってから退職金などで投資をする場合を考えてみてください。

先ほど申し上げたように、投資では必ず資産を溶かす時があります。高齢者が虎の子の資産を溶かしてしまったら、労働力をお金に換金できないため、大変悲惨なことになります。

再生不可能、リスク大ということですね。

そもそも高齢になってからようやく投資について考えるような人の時点で、センスがないです。ですが若い時の投資の失敗がないので、そんなことを気付く術もありません。

 

なのでできるだけ早いうちに相場をなぶって、投資は甘いもんじゃないと知れることが重要です。

 

ロッキーも【KHC】クラフト・ハインツでのダメージを受けて、投資の厳しさを少しは知ることができました。最低限の分散投資をしていたので、そこまで大ダメージではなかったのですが、ETF>個別株だと今は思っています。なんやかんや。

 

若い時に投資をしておけば、時間もあるためETFに投資をしても少しは複利を働かせることができます。投資資金を給料からのみしか捻出できない人は、複利は少しなんです。

もちろん年利6%で40年とかのスパンで考えれば、それなりの金額なんですが高齢者になってお金だけあってもしょうがないです。

 

人生のハイライトを60歳以降にもっていきたいなら別ですが。

若い時の貴重な時間を有効活用することと、高齢者になっても金銭的に苦労しない生活を送るためにはどうするべきかを考えることをおすすめします。