ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

舌の肥えないやつに高級食は苦痛


スポンサーリンク

こんにちは。安い食材に濃い味付けが好きなロッキーです。

 

前回に引き続き食べ物の話ですいません。今回は価値観の話です。

この前人生で初めて、トリュフが入った物を食べました。

トリュフってなんなんですかね。(キノコの一種です。)

ロッキーが食べたやつにトリュフ本当に入っていたんですかね。(入ってました。)

トリュフって何を楽しむ食べ物なんですかね。味ですかね?いや味はしなかったなあ。

食感ですかね?いや食感もちがうなぁ。

匂いですかね?Googleで調べてみたところ、どうやらそうみたいです。土臭い芳香と風味が美食家様にはたまらないみたいです。

ということで、たかがニオイを楽しむための食材が入ってるというだけなのに、1000円も値段が高かったわけです。ロッキーのお昼ごはん5食分です。

 

もともとロッキーの舌はまったく肥えてない上に、食事に高いお金を出すのはもったいないと感じる性分です。

普段安いものを食べているから、高いものを食べても美味しいと感じないし、高くてもったいないなあと思うわけです。高い食材や料理に問題があるというよりも、ロッキーの味覚に問題があるわけです。

やすい食材を濃い味付けでごまかし、人工調味料まみれで、本来の食材が持つ味とは違うけど、美味しいと感じるまで食べ続けた結果です。

ポテトチップスとかのお菓子類もそうですね。あんな体に悪い食べ物を美味しいと感じるように、人間のことを研究して作られた食べ物ですからね。しかもまた食べたい、もっと食べたいと思わせるようにできてるわけです。

ちなみに、かつて【PG】プロクター&ギャンブルが販売していたプリングルス(現在はケロッグが販売)がひな形なのは、ポテトチップスの品質を持続させるための知恵であり、しかもコンパクトに容器に収めることができるという努力の結晶です。

っと話が逸れて。 

 

最近日本マクドナルドが健康志向のハンバーガーを捨てて、肉肉肉に走ってる気がします。

でもロッキーはそれでよいと思います。だって、本当に健康を気にしていたらハンバーガーなんて食べないでしょう笑

ロッキーはあまりマクドナルドに行きませんが、食べ物に困ったときはたまに行きます。

安いのでチーズバーガーを頼みます。というかほかの種類のハンバーガーを食べたことありません。嗚呼、マクドナルドって偉大だなあ。

っとまた話が逸れて。

 

そんなロッキーだから、高いお店に連れて行かれて、お会計時にお金払ってなんて言われたら、悶絶モノです。(私半ば強引に連れてかれゴニョゴニョ………)