ロッキーの資産運用

20代から資産運用をしてセミリタイアを目指してみたブログです

【書評】借金バンザイ


スポンサーリンク

こんにちは。一人暮らし検討中のロッキーです。

 

GW初日に行ったセミナー講師のおすすめ本ということで、借金バンザイ!―税理士は教えてくれない!「自転車操業」の極意を読んでみました。

まぁタイトル通り借金に関する本です笑。

 

著者は資金繰りコンサルタントの小堺桂悦郎氏です。銀行や税理士事務所に勤めていたそうです。代表的な著書は「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」などでしょうか。

他にも多数書籍ありです。ロッキーは「バンザイ」シリーズ読みたいです。

借金バンザイ!―税理士は教えてくれない!「自転車操業」の極意

借金バンザイ!―税理士は教えてくれない!「自転車操業」の極意

 

 

目次

第1章 ほとんどの会社は「自転車操業」

第2章 貸す側を理解すれば、借りられる!

第3章 実践!「借りる」「返さない」の交渉術

第4章 実践!イザというときの「自転車操業」のウラ技

第5章 「借りるため」の経理と決算のやり方

第6章 知っておくと使える!「借金の法則」

 

感想・内容など

 本書を読んでほしい人

・借金のある人

・経営者

・経理担当者

・税理士さん

・これから起業する人

 

本書で得られること

・かしこい「借金経営」のやり方

・イザというときの「自転車操業」のやり方

・「借金経営でいいんだ!」と思える

出所:借金バンザイ(P.1)

 ありがたいことに、1ページ目にこう書いてあります。

逆に言うとこれらに当てはまらない人は読んでも何にもなりません。人からのおすすめ本だとしても、自分の場合は読む必要があるのかを考えることは必要ですね。

ロッキーの場合は不動産で起業する and 借金する予定ですので、対象読者でした。

 

内容ですが、これも「本書で得られること」に書いてあることが本当に得られます笑。

基本的にほとんどの会社は自転車操業ということで、資金繰りに苦労しているみたいです。

本書を読めば、そんな苦労をまるで"魔法"のように解決できちゃうかもしれないのです。ただ、その方法は決してクリーンなものではないですし、だからこそ誰も教えてくれないのでしょう。

 

個人的には、借金に対するメンタルブロックを外す目的で読んでみてもいいかもしれないと思いました。借金ってそんなに悪いものじゃありませんよ。

最悪破産してしまえばいいだけです笑。それに貸した方が悪いのです笑。そして銀行は返してもらわなくても対してダメージはないのです。